治そう口臭!起こそう自身の生活革命!!

1、口臭の恐ろしさとその原因

お求めの方は、下記のテキストをクリック

 

日本初!お口と体内でダブルケア【プレミアムブレスクレール】

 

 

 

 

 

 

 

―口臭。

 

本当に怖ろしいのは、
未解決による健康被害よりもむしろ、
自身のあずかり知らぬところでの人間関係の崩壊ではないでしょうか。

 

 

acwork様(改変)

 

 

 

自分で気付くのが難しい、周囲に迷惑を掛ける、
そしてその周囲も当事者に気遣って切り出しにくい。

 

その結果、未解決の問題が放置され
病が自分や周囲の人間の心を蝕み(むしばみ)、

 

当事者は自分に自信が持てなくなり、
周囲の人間は当事者から離れていく・・・。

 

 

―ですが、口臭の当事者は、

 

仮に、自分やその周囲で何が起こっているのか理解出来ても
抜本的な解決策が見出せない・・・。

 

 

物事、機動的な解決策が見出せない場合は、

 

大抵は何かしら多角的・抜本的な対策を必要とする
重大な危機に直面しているものです。

 

 

残念ながら、口臭の原因も、
程度の差こそあれ、その例外に漏れません。

 

 

そして、その原因とは、
生活習慣にあるのです。

 

 

2、口臭の原因は口内・体内の2種類に区分

 

acwork様(改変)

 

 

口臭の原因は、大別して、
口内から来るものと、体内から来るものの2種類に分けられます。

 

 

まず、口内に原因がある場合は、
何らかの理由で剥がれ落ちた粘膜が分解され、口臭の原因となる物質が生成されること。

 

そして、抗菌力のある唾液の減少。

 

 

次いで、体内に原因がある場合は、
便秘・ストレス・良くない食生活によって便が腸内に長時間放置されて
腐敗し悪習を放つことです。

 

 

残念ながら、これらの原因の大半は、
生活習慣の問題に起因するものです。

 

 

acwork様(改変)

 

 

そして、口臭の当事者に対する周囲の冷たい視線は、

 

―あるいは、

 

嫌な臭いの向こう側に透けて見える、
当事者の生活習慣への不信のあらわれなのかもしれません。

 

 

ですが、逆に言えば、
少しづつでも改めていけばかなり治りますし、
単に口臭対策の枠に止まらず、体自体の総合的な健康対策として役立ちます。

 

―そして、信頼関係の回復にも。

 

 

そう、どのような健康対策も、
自分が自覚し本腰を入れないことには始まりませんし、
抜本的な対策を思い立ったこと自体が最良の良薬に他なりません。

 

 

3、口内の不健康への対策―その1、粘膜の不具合と口内炎

 

先述のように、口臭の原因は大別して口内・体内の2種類ですが、
まずは、口内が原因のものについて、そのメカニズムや対策を考えましょう。

 

 

口臭の原因が口内にある場合は、先程のおさらいとなりますが、

 

1、口内の雑菌・食べ物のカス・新陳代謝によって、はがれ落ちた粘膜が分解され、
口臭の原因となる物質が作り出されること。

 

2、口臭の原因となる物質を処理するための唾液の量の減少。

 

 

以上の2点です。

 

 

acwork様(改変)

 

 

1、についてですが、粘膜の分解に関係のある口内炎の対策が参考になります。

 

口内炎とは、舌・唇・頬の内側等の粘膜に起こる炎症のことです。
口内に常在している菌が小さな傷に繁殖したり、口内の衛生状態が悪いと悪化します。

 

 

物理的な原因は省略しますが、口臭との関係で言えば、

 

栄養不足やストレス、睡眠不足や風邪等で体の抵抗力が低下すると、
粘膜が弱くなり、口内炎を起こし易くなります。

 

特に、病状が1〜2週間以上続く場合は診断を要します。

 

 

口内炎の対策ですが、大別して、
栄養面・歯の磨き方のふたつのアプローチがあります。

 

まずは栄養面ですが、香辛料や酸味の強い食品等、刺激の強いものを避け、
やわらかくて消化の良いものを多くとる献立
にすることです。

 

特にビタミンBの不足が口内炎の原因になり易いです。
またこのビタミンBは、後述する腸内環境の整備にも欠かせませんので、
積極的に摂ると良いでしょう。

 

さらに、ビタミンA・ビタミンCは、皮膚の粘膜の健康に必要です。

 

 

 

次いで、歯の磨き方について。

 

まずは、歯磨きを丁寧に行い口の中を清潔にすることですが、少しコツがあります。

 

歯のかたちは、厳密には、サイコロのような六面体ではなく、それ以上の面を持つ多面体です。
したがって、磨かない面を作らないようにする工夫が必要です。

 

 

実は、サイト制作者も歯科医から教わったのですが、
特に死角になるのは、歯の裏側の真ん中から奥にかけての歯。

 

実際に御自身の舌で舐めてみると分かり易いと思うのですが、
そのかたちは、大別して左右2面に分かれてまして、
これに1度ブラシを入れただけでは汚れが残り易いのです。

 

 

したがって、歯の2つの面に沿うよう、
各々の面に1度づつブラシを入れる必要があります。

 

清潔さの維持はもちろんのこと、
虫歯予防であれば、これだけでもかなり効果的な対策になります。

 

 

さらに、磨くタイミングですが、就寝前に行うべきです。
その理由は、睡眠中は唾液の分泌が少なく、歯が汚れ易いためです。

 

また、うがい薬でこまめにうがいをすると、口内の殺菌にも役立ちます。

 

 

その他、抜本的なメンテナンスとしては、
年に2、3回の歯科医院でのクリーニングが理想です。

 

と、言いますのは、
歯の表面、歯と歯の間、歯と歯茎(はぐき)の境には
バイオフィルムと呼ばれる細菌の集合体が少しづつ付着し、
これは歯磨きでは落ちないからです。

 

 

4、口内の不健康への対策―その2、唾液の不足と歯周病

 

acwork様(改変)

 

 

口臭の原因が口内にある場合の唾液の不足について。

 

つまり、先述の、2、口臭の原因となる物質を処理するための唾液の量の減少。

 

 

これには、歯周病の対策が参考になります。

 

まず、歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる病気です。

 

歯と歯肉の境目(歯肉溝)に多くの細菌が停滞すると、歯肉が炎症を起こし、
症状がひどくなると、出血や歯がぐらつくといった危険な状況に直面します。

 

 

歯周病の原因は色々あるのですが、
口臭との関係で言えば、ストレスが挙げられます。

 

対人関係の話等になると、
残念ながらこのサイトでは対応能力を越えますので
ここでは物理的な話に止めます。

 

 

理屈としては、例えば仕事等でストレスを抱えると、
副腎でストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが生成されます。

 

重要なのは、この段階で大量のビタミンCを消費することです。
先述のように口内の粘膜の生成に必要な栄養素です。

 

 

ストレスに対する栄養面でのケアについては、
サイト制作者の姉妹サイト「生活サプリえんとらんす・大人の生酵素」の
第1章を御覧下さい。

 

 

acwork様(改変)

 

なお、同サイトでも「プレミアム・ブレスクレール」を紹介していますが、
その理由は、大変申し訳にくいのですが、
要は検索エンジン対策でして、それ以上の意図はありません。

 

 

また、ここで注意して頂きたいのは、
サプリを多種類服用するというのは、それだけ添加物を多く摂ることを意味しますし、
金銭的な負担も相応に大きくなります。

 

もう少し言えば、それだけの予算があれば、サプリの服用を最小限に止め、
目下の食生活を充実させる方が副作用も経済的負担も少なく合理的です。

 

その意味では、サイト制作者としては、
多種類のサプリの併用を安易に勧めることは出来かねます。

 

 

したがって、同サイトの引用は、あくまで口臭対策の一部としてのストレス対策の紹介でして、
「大人の生酵素」の紹介ではありませんので念のため。

 

 

acwork様(改変)

 

個人的な事情で脱線して大変恐縮です。話を唾液と歯周病に戻します。

 

実は、そもそも唾液の減少の理由が、加齢とストレスでして、
ストレスの対策は歯周病・口臭双方への対策を意味する訳です。

 

 

なお、加齢についても、
栄養面でその進捗をある程度緩和
する―若作りする方法があります。

 

具体的には、例えば、古い油(酸化した油)の摂取を控えるといったような、
「ファイト・ケミカルズ」という概念がありまして、

 

詳細は先述のサイト「生活サプリえんとらんす・アマニの恵&大麦若葉」の第1章〜4章にて。

 

 

また、歯のケアについては、前章の口内炎の対策と同様ですので、
御手数ですが、そちらを御覧ください。

 

加えて、歯周病の予防に有効な栄養素は、カテキンと乳酸菌が効果的。
カテキンは御茶、乳酸菌はヨーグルト、豆類等に含まれるものです。

 

 

acwork様(改変)

 

さて、以降の章でも「生活サプリえんとらんす」とのリンクがしばしば登場しますが、

 

この理由は、人体の色々な機能が、
栄養素等を通じて、少なからずつながりを持っている
からです。

 

その結果、ひとつの身近で簡便な健康対策が、無数の少なからぬ効果をもたらし、
こういう少しの心掛けの積み重ねによって、長年にわたる健康が保障される訳です。

 

 

そこには人体の不思議とでも言いますか、あるいは機能美とでも言いますか、
生に対する本能的な欲求が潜んでいるのを強く感じますし、
そのメカニズムを少ない労力で利用しない手はありません。

 

口臭対策も、そのメカニズムの上にあるのです。

 

 

5、体内における口臭対策

 

Staff Sgt. William Hopper様・acwork様(改変)

 

ここでは、体内における口臭の対策について考えます。

 

 

原因は、便秘、ストレス、食生活の乱れによって腸内環境が悪化し、
この段階で、腸内で生成された腐敗物質が口臭の原因になるというものです。

 

先述の「大人の生酵素」のページにて、
便秘とストレスの関係は第1章、腸内環境の悪化については第4章で
触れましたが、

 

大まかにおさらいしますと、大体以下のようになります。

 

 

ストレスが便秘を誘発し、便秘が腸内環境を悪化させる、という悪循環があります。
そして、腸内環境の悪化が、肌荒れどころか口臭の原因にもなるのです。

 

ですが、ストレス抜きに便秘になる可能性もあるので、
ストレス・便秘・腸内環境の悪化、各々の段階に応じた対策が必要です。

 

そして、腸内環境の整備し、便秘を解消するために、
主に乳酸菌を生成するビタミンB群を中心とした栄養素を必要とする訳です。

 

 

6、アルコールとタバコの口臭への影響

 

realworkhard様(改変)

 

ここでは、アルコールとタバコを嗜むことのデ・メリットについて触れます。

 

結論から言えば、口臭に悩まされているうちは止める方が賢明です。
特にタバコの方は、体内の栄養素を奪うだけで、百害あって一利なし。

 

 

とはいえ、嗜好品であり、中々そういう訳にもいかないでしょうが、
実際にどのような害があるのかを知っておくと、
その対策を考えるうえで有効
です。

 

 

まず、アルコールは、その消化の際に体内の栄養素を奪います。

 

ただし、ビタミンB群を補いながら飲むと、
体内のアルコールを栄養分に変えることが出来、悪酔いを防ぐことが出来ます。

 

―腸内環境に良い訳です。

 

 

以下は、ビタミンB群の各々の効能です。

 

ビタミンB1  アルコールを分解
ビタミンB6  脂肪肝を防ぐ
ビタミンB12 血液の産生を補助

 

 

そして、タバコですが、実はこれが歯周病の最大の原因と言われています。
具体的には、口内の血行が悪くなり、歯や歯茎に栄養が行き届かなくなります。

 

当然、体内的にも血行の循環を悪くします。
この延長に、腸内環境の悪化があります。

 

したがって、喫煙と口臭対策を並行させるのであれば、
食生活の環境を整え、特にビタミンの補充はしっかりと行うべき
ですし、
水分の補給や適度の運動を欠かさず、代謝能力の低下を少しでも喰い止める必要があるでしょう。

 

 

7、口内・体内のダブル・ケア、プレミアムブレスクレールの効能

 

 

ここでようやくプレミアムブレスクレールの登場です。

 

 

このプレミアムブレスクレールは、今まで説明しましたような、
口内・体内における口臭の元を除くことを目的としています。

 

実は、口臭対策のサプリとしては、
口内の対策がかなり重要
です。

 

ライバル製品の弱点になっている部分でもあり、
逆に、プレミアムブレスクレールの強味でもあります。

 

 

成分で説明すると、概ね以下のようになります。

 

まず、口内の口臭対策に有効な成分として、
オーラバリアとパミスエキスがあります。

 

オーラバリアは、ラクトフェリンとラクトパーオキシダーを
唾液の比率に合わせて配合した天然抗菌成分。

 

―唾液の不足を補おうという訳です。

 

 

また、パミスエキスは、オレアール酸が含まれています。
このオレアール酸とは、口臭の原因となる菌を抑え、
口内を穏やかに保つ働き
があります。

 

その他、抗菌作用のある茶カテキン、口内の細菌バランスを維持するなた豆等も含まれています。

 

 

無論、体内における口臭対策についても、
口臭対策にも腸内環境にも有効なポリフェノールを多分に含む
デオアタックやグランベリー・エキス等のような高機能な成分が多分に含まれています。

 

 

acwork様(改変)

 

ただ、この効能に触れる前に、口臭についてくどくどと書いたのは、

 

やはり、口臭自体が生活習慣から来るもので、
簡単に治るものではない
と考えたからです。

 

そして、サプリのパフォーマンスを最大限に引き出し
1日も早く治すためにも、

 

まずは、生活習慣や食生活について、
改善出来る部分を少しでも多く羅列した方が
皆様のためになると信じる次第です。

 

 

8、服用方法および使用上の注意

 

acwork様(改変)

 

服用方法および使用上の注意は、以下のようになります。

 

 

 

 

9、プレミアムブレスクレールのお求めの方法

 

プレミアムブレスクレールのネット上での購入方法は、

 

残念ながらAmazonさんや楽天さん等のような他のサイトでの取り扱いはなく
公式販売サイトのみとなります。

 

ですが、以下の条件で割引が効きます。

 

 

 

購入を御希望される方、もしくはもう少し商品の情報が欲しい方は、
下記のテキストから公式販売サイトに行くことが出来ます。

 

 

商品の詳細な効能、口コミ等が豊富に記載されていますので、御覧頂ければ幸いです。

 

 

日本初!お口と体内でダブルケア【プレミアムブレスクレール】

 

 

acwork様(改変)

 

 

【主要参考文献】
柴田丞『そのサプリ、危険です!』
日本サプリメント協会『サプリメント健康事典』
田村忠司『サプリメントの正体』
田中平三・高橋英孝監修『本当に効く食と食とサプリ』

 

 

 

 

 

 

プレミアムブレスクレール 最安値 取扱店 おすすめ
プレミアムブレスクレール 口臭 生活習慣
プレミアムブレスクレール 口コミ 評判 効果
プレミアムブレスクレール 口 体内 ダブルケア